女子が免許合宿に持っていくと便利な持ち物

教習所9

免許合宿の持ち物は、教習所から持ち物リストなどで指示されることがほとんどです。

そのため、持ち物リストをしっかりと確認しておけば忘れ物に困ることはないでしょう。ですが、それとは別に女子だからこそ免許合宿に持っていくと便利なものがあります。

そこで、女子が免許合宿に持っていくと便利なものを5つ紹介します。

免許合宿に行く予定のある人や興味のある人は参考にしてくださいね。


移動用のサブバッグ

免許合宿は2週間程度の長丁場になるので、メインのバッグはかなり大きなものになりますよね。人によってはボストンバッグやスーツケースを利用する人もいるでしょう。ですが、それらの旅行用バッグは、ちょっとした休憩時や移動の時には使うことができません。

そこで、それとは別に移動用にサブバッグを持っていくことがおすすめです。移動用サブバッグは、スマホや財布のほかハンカチやティッシュなどのほか、学科教習用にノートや筆記用具が入るサイズを準備しておくと安心ですよ。

男子なら、移動時にも財布をポケットに入れたり荷物をそのまま手に持っていたりしてもあまり違和感がないかもしれません。ですが、女子の場合は、きちんとサブバッグを持ってきていることで見た目の印象も良くなります。

また、周囲からも「準備の良い子だな。」というイメージを持ってもらうことができますよ。免許合宿は、友達や恋人をつくるチャンスでもあります。移動の時や出かける時にさっと移動用のサブバッグを出すことができたら、友達や恋人づくりのチャンスも広がるでしょう。

ちょっとおしゃれなルームウェア

免許合宿では、ほとんどの場合が相部屋になります。

そのため、教習中のスタイルだけでなく、宿泊施設の中でのスタイルにも気を配ることが大切です。大勢の仲間で免許合宿に申し込んだ場合は、知り合いと同部屋になる確率も高いですが、初対面の人と同室になることもあり得ます。

初対面の人が、ヨレヨレの部屋着や中高生時代のジャージなどをルームウェアにしていたらあまり仲良くしたいとは思わないでしょう。免許合宿に持っていくルームウェアは、少しおしゃれなものを準備することがおすすめです。

普段は、汚い部屋着を愛用している人は、これを機会によそ行きのルームウェアを準備しても良いかもしれませんね。ルームウェアにお金をかけたくないという人もいるでしょう。そのような場合は、普段着でも着ることができるようなスウェットをルームウェアとして購入することがおすすめです。

最近はスウェットもおしゃれなものが多くなっています。合宿中はルームウェアとして活用して合宿終了後は普段着として活用することができますよ。さらに、洋服だけでなくスリッパなどのルームシューズも持って行っておくと便利です。

免許合宿の宿泊施設はお風呂が部屋の中にない場合が多いです。ルームシューズがあると、お風呂上りに靴を履く必要がありません。また、部屋の中で裸足でも足の裏が汚れないため女性らしさをキープすることができますよ。

メイク道具と一緒に日焼け止めも

女子に欠かせない物の一つにメイク道具がありますよね。「メイク道具は普段持ち歩いているし、忘れることはない。」と思っている人も意外と忘れがちなのが日焼け止めです。免許合宿は、リゾート地で行われることもあるため、遊びも目的にしている人は忘れないように持っていきましょう。

また、遊び目的が全くないという場合でも、日焼け止めは必需品であることに変わりありません。なぜなら、車の運転は意外と日に焼けるからです。特に、夏場の場合は車の運転をしているだけで顔や腕が日に焼けてしまいます。

日焼けしたくないという人はもちろんですが、合宿中に皮膚のトラブルを避ける意味でも日焼け止めがあると便利でしょう。「荷物を増やしたくないから日焼け止めを持っていくならメイク道具は持っていかない。」という人が中にはいるかもしれません。

メイク道具を持っていかない場合はマスクを持っていくと良いですよ。マスクは、すっぴんの顔を隠すことができますし、日焼け止めとプラスすることでさらに日焼け防止効果があります。さらに、大勢の人が集まる免許合宿で風邪などの感染予防にも効果があります。

生理用品を念のため

女子の生理は、周期がしっかりと決まっているという人でも何が起きるか分かりません。そのため、確実に生理と重ならないと思われるような日程であっても念のため生理用品を持って行っておくことがおすすめです。免許合宿は約2週間程度あるので、少しでも早まったり送れたりすると合宿中に生理になる可能性は充分にあります。

もちろん、初めから合宿中に生理に当たりそうな人は、いつもよりも多めに生理用品を持って行っておくと安心です。いつもと異なる環境では、生理の量や期間も変化する可能性があるため、充分に備えておきましょう。また、女子の参加も多い免許合宿では、同じ合宿に参加している女子が突然生理になってしまうこともあり得ます。

そんな時に自分が生理用品を持ってきていれば貸してあげることもできますよね。合宿に持っていくのにおすすめの生理用品は、通常のナプキンの他ではタンポンがあります。ナプキンに比べて、軽量で場所をとらず長時間取替なくても漏れる心配が少ないです。

タンポンを使ったことがないという人は、これを機会に練習しておくといいかもしれませんね。

⇒免許合宿から途中で帰ってきたら返金してもらえるの?

洗濯用ネットと洗濯物を入れる袋

運転免許15

免許合宿での宿泊施設では、洗濯機は共用の場合が多いでしょう。女子の洗濯物は人に見られたくないものもたくさんありますよね。そのような時に、便利なのは洗濯用ネットと洗濯物を入れる袋です。下着やニットなどは、ネットに入れて洗うことで変形や傷みを防止することができます。

合宿中にお気に入りの下着や衣服が駄目になってしまったということがない様に、洗濯ネットがあると安心です。また、誰が使ったかわからない洗濯機を使用することに抵抗がある場合は、洗濯ネットに洗濯物を丸ごと入れて洗うことで、洗濯機自体に触れる部分を少なくすることができますよ。

毎日大量に出る洗濯物を手に持って持ち歩いていると、うっかり下着を落としてしまって恥をかいてしまったという事例があります。女子の場合下着を落としてしまうとその場にいられないくらい恥ずかしいですよね。このようなことを避けるためには、洗濯物を入れる用の袋やかごを持参することがおすすめです。