免許合宿でパンフレットを取り寄せる

教習所3

免許合宿に興味があるから、詳しい資料をほしいと思っている人は少なくありません。具体的な資料としてパンフレットが有名ですが、気になる教習所に郵送してもらうことはできるのか、複数のパンフレットをもらっていいのかを確認することが重要です。

また、まとめて複数のパンフレットをもらえるサイトがあるかどうか、確認すると効率よく資料請求できるでしょう。


遠隔地の教習所のパンフレットを請求できるのか

自分の住んでいる地域以外の教習所のパンフレットをもらうことは可能なのか、と考える人は少なくありません。基本的にはどの地域の教習所の資料をもらうことは可能です。ただし、現実面で通える教習所のパンフレットをもらうことが、通う計画を立てるために重要といえるでしょう。

パンフレットをもらう時には、通うことを検討したい教習所や比較したい教習所、更に興味を感じた教習所のパンフレットの中から、数社選んでもらいましょう。

なぜ数社に絞らなければならないのか、理由としてあまりたくさん選択肢があっても、判断に迷うだけだからです。どんなところに行きたいのか、どんなところなら教習を受けやすそうなのか、具体的なビジョンがない場合、むやみに資料を請求することが多いといいます。

しかし、具体的なビジョンが明確になっていれば、そもそも必要ないものといえるでしょう。複数の教習所の中から、どんなプランを実施しているのか、同時に複数の教習を受けられるのか、などは、インターネットでも確認できます。

更に詳しい資料を求める前に、インターネットで情報をある程度整理し、納得出来るプランや予算、日程で教習を受けられる教習所を見つけましょう。ある程度絞り込んでから資料を請求すると、驚くほど簡単に行きたい教習所を決められます。

パンフレットの請求方法

パンフレットを請求するのは大変簡単です。パソコンやスマートフォンで教習所のサイトにアクセスし、資料請求を依頼する方法と、免許合宿を比較できるサイトで資料請求をする方法があります。パソコンやスマートフォンで教習所のサイトにアクセスする場合、個人情報の入力に注意をしてください。

1校ずつ入力をするため、個人情報の入力に誤入力があってはいけません。前もって入力内容を別のところに書いておき、コピーと貼り付けを繰り返したほうが間違いがありません。免許合宿を比較できるサイトで資料を請求する場合、総合情報誌のような情報誌を送るサイトが多いです。

総合情報誌の中に日本全国の教習所について情報が掲載されているため、情報を総合的に確認したい人や、複数の教習所に資料を請求したい人に最適と言えます。申し込むフォームの中には自分の個人情報だけではなく、どんな車種の免許証を取りたいのか、教習所を選ぶ基準などについて記入する欄があるため、必ず記入してください。

フォームに記入するだけではなく、電話での資料請求を請け負っているところもあります。電話での資料請求の場合、受付の人の指示通りに資料請求すればいいだけなので、特に何かを用意する必要はありません。

⇒免許合宿で延長になったらどうなる?延長になる理由や追加料金を徹底解説!

資料は必ずしも連絡する必要がない場合もある

資料を請求する時に、必ず合宿免許に関するサイトを開き、資料を請求する必要はありません。近くのコンビニやホームセンター、更に大型書店で総合情報誌を提供しているところがあるからです。大手のコンビニやホームセンター、大型書店では無料で配布しているところもあるため、資料をほしいけれど電話をかける時間がない場合、前もって情報を確認する手段として活用しましょう。

一部大学の生協でも置いているところはあるため、大学生なら生協を確認することをおすすめいたします。いつでもコンビニやホームセンター、大型書店や生協といった場所に置いているわけではありません。年明けから春・夏の休みといった大型連休のときに置いていることもあるため、確認しましょう。

季節によっては置いていないため、普段から置いているところをチェックし、必要な時に利用すると見つけやすいです。特に大型連休直前には、多くの人が資料請求をする可能性が高いため、ほしいときにおいていないこともあるといいます。

なるべく早めに資料を手に入れておくことが、よいところを見つけるために必要です。

資料をそろえて比較するべきポイント

合宿免許に対する総合資料を手に入れた場合、日本全国の教習所について詳しく書かれている資料を参考にすることは、メリットが大きいといえます。合宿免許に興味はあるけれど具体的にどんなところに行きたいのか、はっきりしたイメージがもてない人が、行くべきところを見つけられるからです。

また、教習所ごとの特徴を確認して、設備や教育方針から行きたい場所を変更することも可能となっています。設備や周辺の観光名所に関する情報も詳しく掲載されていることが多いため、予算や設備などから具体的に選択しやすくなるでしょう。

教習所によってダブル免許を取得するための教習カリキュラムを提供しているところなど、その人にあった形でのカリキュラムを提供しているところも少なくありません。資料の中に掲載していることが多いため、総合情報誌の中でダブル免許について書かれている項目を探しましょう。

また、教習所の宿舎や食費などに対しても、情報をチェックして申し込むことが重要です。行き帰りの交通に関して、駅からバスなどで迎えに来てくれるところを選ぶと、駅から教習所までの交通費が安く済むこともあるため、このような点も考えて申し込んでください。

わからないことがあったなら

資料を見ているだけでは、わからないことも出てくる可能性があります。たとえば、教習カリキュラムについての質問や、合宿期間中の生活やアルバイトに関してなど、やりたいことはいろいろあるでしょう。そんな時には直接教習所に連絡して問い合わせてください。

教習所ではコールセンターがないところもありますが、お問い合わせフォームを使えばわからない質問に対して回答を送ってくれます。そのため、わからないことがあったら相談すると迅速な答えを得られるでしょう。

合宿時にどんな過ごし方をしたらいいのかについては、パンフレットに多く掲載されているところが少なくありません。観光やアルバイト、更に同じ教習を学ぶ人同士の関係についても、徐々に学んでいけるやり方を記してあります。

それらについての疑問があったら必ず質問しましょう。